出会い系のサクラに対する女性の誤解している点について

不定期更新といいつつ、割と直近で更新しているのですが、今回も出会い系関連の内容です。
多くの女性が出会い系に対して誤解しているある部分について、今回は絞って解説しておきます。

 

多くの女性が勘違い、誤解している部分...タイトルでネタバレしていますが、サクラに関してです(笑)

 

一応説明しておくと、自作自演の会員です。
会員登録していますが、正体はサイト側の人間だということです。
出会いが目的ではなく、出会い系を活発に使わせるのが目的な厄介な存在です。
勿論使ってはいけないことなので、発覚すると警察の登場です。

 

超リスクがあるのにサクラを用意するのは、会員を確保できないからです。

 

小規模な出会い系ですから、広告費などありません。
知名度も有りませんから、集客に苦戦しているのです。

 

出会い系なんて数が大事なので、基本大手に登録するか、知名度がある所を選びます。
小規模、マイナーな出会い系に登録する方というのはほとんどいないのです。

 

広告投資で集客するにも、かなりの費用が掛かります。
ということで、潰れることを覚悟の上でサクラを用意する出会い系が未だにあるそうです。
今は厳しくなりましたが出会い系が登場した頃、10年前位はサクラばかりでしたね。

 

その印象が強いのか、出会い系なんてサクラしかいないから彼氏なんて作れないでしょという風に考えている女性も結構います。
本当にサクラはいないんですか、大丈夫なんですかという類の質問も過去に結構頂戴しました。

 

女性が誤解しているのですが、サクラが狙うのは女性じゃないです(笑)

 

だって女性は無料なのですから、幾らメールのやり取りを続けたってサイト側には0円です。
サクラが狙うのは課金対象である男性会員です。
とにかくメールを繰り返すように期待させるようなメールを続けてくるし、連絡先の交換は時期尚早など言い訳をつけて応じないのです。

 

10通続ければ500円ですが、女性だったら0円です。
その理由からサクラは男性誌か狙わないのです。

 

更に言いますと、大手の場合には広告費も潤沢であり、知名度もあり、会員数も既に結構いるのです。
だからサクラなど不要ですし、いないです。

 

大手の出会い系を利用するようにすればサクラの心配は不要ですよ。